2021年04月13日

塗料の選び方

nurikae_time.jpg日曜大工やDIYなど、自分で作業をする時に仕上げとして塗料やニスは欠かせません。

初めての人はどの塗料を使おうか迷うこともあるでしょうが、塗料の違いを踏まえた上で比較して選ぶことが大切です。
塗料の成分は「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」4種類の樹脂や顔料、溶剤などが含まれています。
樹脂によって性能が大幅に変わりますし、水性と油性の違いもあるのです。
水性より油性の塗料の方が、耐久性に優れていますので、屋外で使うものには油性塗料がお勧めですが、水性のほうが匂いが少なく、水で薄めることもでき、手が汚れても水洗いで落とせますので、初めての方にはお勧めとなります。
浴室・壁用、木部用、鉄部用、コンクリート・外壁用、トタン用などにわかれていますし、1回塗りと、2回塗りの違いがあることをご存知ですか?
用途や使い勝手をよく調べて、ホームセンターの専門家に相談するのもいいでしょう。

好きな色がない時には混ぜて使うこともできます。
posted by ヤモリソウケン at 09:58| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2021年04月12日

塗るだけ!夏は涼しく、冬暖かに。遮熱断熱塗装はガイナ

gaina_pop.jpg住宅を快適に地球温暖化対策・エコ塗装に遮熱断熱ガイナ塗装
ガイナを住宅の屋根・外壁、内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。
さらに、太陽光線や照明の光を受けたセラミックがイオン作用をもたらし室内の空気質を改善。
マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地良い状態をもたらします。
ガイナが他の塗料と一線を画すのは特殊セラミックの効果によるものです。
セラミックでも断熱性能に特化したセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのがガイナなのです。
posted by ヤモリソウケン at 10:08| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2021年04月09日

見積書のチェックポイント

ca2e4a07f45bab8f0f1de5ed2efea4c1_m.jpg外壁塗装工事で一番多いトラブルが工事費用の見積りに関することです。
塗装業者に塗装工事を依頼する場合は、見積書を取るのが一般的となります。
見積りは、多くの場合、業者の営業活動の一環として行われ、無料の場合がほとんどですので、安心して依頼しましょう。
塗装業者をはじめとする建築業者一般に言えることですが、職人タイプの技術屋が多く、依頼者に仕事の内容を言葉で伝えるのが苦手です。
依頼者の側も、塗装に関する知識のない方がほとんどで、工事施工後に両者の工事に対する認識の違いが発覚し、トラブルになるケースがあります。
トラブルを防ぐには、見積書の内容を確認しておくことが大切です。
まず、見積書の項目に塗装工事に付帯する作業費が含まれているかどうかを確認します。

足場を作る仮設工事や、外壁の補修、屋根材及び防水の補修などは、塗装工事の前に施工することが必要な付帯工事です。
次に、塗料の名称、メーカー名、種類、樹脂成分等を確認し、必要な塗装箇所や工程は、すべて記載してあるのか確認します。
工事代金の支払い方法及び時期も大切な事項です。見積書で不信なか所は、納得が行くまで確認しておくことが、トラブルの発生を未然に防げるのです。
posted by ヤモリソウケン at 09:55| Comment(0) | 塗り替え豆知識