2019年08月05日

素人が行うにはなかなか難しい、最近の外壁塗装

152a47a68a90b97ce4f12ba0cf9de519_s.jpg外壁塗装をセルフで行おうとする人は意外と多いものです。
最近では塗装用のペイントなども多数DIYショップで販売されていますし、ひび割れを埋めるセメントやコーキング剤なども多数販売されているので、セルフで出来るのではないかと考える人も少なくありません。
しかし、これは余りおすすめできません。
外壁塗装は一見簡単な作業であるようでいて、熟練した技術が必要になるものです。
例えば古い塗装をしっかりと落して外壁を出来るだけ露出させ、丁寧にひび割れなどを補修しないと、塗装後にその部分から水が入り込んで内部の腐食の原因となるほか、家の中に湿気を引き込む要因となってしまいます。
また、塗装も長期間はがれないよう、また外壁自体をしっかりと保護する様に3回に分けてそれぞれ性格の異なる塗料を使用することが基本で、これらの作業のどこかを省くと家自体に悪影響を及ぼす危険があるからです。
さらに、面積が広い為出来るだけ一気に塗装しないとムラが出てしまう危険性が高いのですが、セルフ塗装ではなかなか一気にということは難しいものです。
その為外壁塗装はプロに任せるのが安心です。
posted by ヤモリソウケン at 09:17| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年08月02日

外壁塗装で色に迷ったら・・・!?

58ba2ce84409b0811145a4e741fbbef6_s.jpg新築のときもリフォームのときも、外壁塗装の色は建物全体のイメージを決める大きな要素です。
色選びにお悩みになった方も多いでしょう。
好きな色にするというのもひとつの方法ですが、家は街並みや景色の中に長く建ち続けるものです。
周囲と調和しながらも家の存在を穏やかに主張する色を選ぶというのはなかなか難しいですね。
よく選ばれているのは、ベージュなどのクリーム系の色のようです。
強く主張する色ではないものの、暖かく明るくおしゃれな印象があります。
住宅街でも緑の多い場所でもうまく調和して周囲の雰囲気を壊さない色です。
また、建物単体で見た場合に、膨張色であるため家を大きく見せる効果があり、これも好まれる要因といえるでしょう。
一方、この系統の色は、見本を見ただけでは実際に塗装したときの色味の感覚がつかみにくいといえます。
また、一般に狭い範囲に塗られた色より、広い範囲に塗られた色の方が、同じ色でも明るく見える、面積効果という現象があり、実際に外壁塗装したときに思っていたのとは違うということが起こります。
このような面積効果も考慮して色選びするようにしましょう。
posted by ヤモリソウケン at 09:47| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年08月01日

簡単にカビがきれいに取れる方法

58389c679501bd91619c029ba29b721d_s.jpgしっかりと乾燥させておいても時にはカビが生えてしまう事が有ります。
ですが、少し工夫するだけで簡単に取る事も可能です。
では、どういう方法であれば簡単に取る事ができるのでしょうか?
簡単な方法としては、塩素系の漂白剤を使う方法があります。
窓をしっかりと開け、換気に気を付け、さらに気になるか所に塩素系漂白剤を塗布します。
そうすればカビの黒っぽい色を脱色し、さらに殺菌消毒する事ができるので、その後しっかりと乾燥させておけばそれ程カビの心配をする必要はありません。
独特のにおいが苦手だという場合は、消毒用のエタノールを利用する方法もあります。

塗布する事もできますが、面倒な場合や広範囲にわたる場合などはスプレー容器に入れて塗布し、ふき取る事もできます。
この方法の場合、既に黒くなってしまっている箇所の色を抜く事は出来ませんが、消毒殺菌をする事は可能です。
posted by ヤモリソウケン at 10:00| Comment(0) | 塗り替え豆知識