2019年08月20日

吹き付け塗装

fukituke.jpg外壁・屋根塗装の方法には、吹き付け塗装とローラー塗装の2つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
今回は吹き付け塗装の特徴についてお話しします。
これから塗装を検討される方は参考にしてみてください。
吹き付け塗装は、機械で塗料を霧状に飛ばして塗装していく方法です。
この方法のメリットとしては、まず、施工スピードがかなり速いことがあげられます。

ローラー塗装に比べ3倍ほどの早さで仕上げることができます。
また、外壁に塗装をする際には、塗料の飛ばし方次第で柄を作っていくことが可能です。

また、ローラー塗装に比べて、仕上がりが均一できれいに仕上がります。
一方デメリットとしては、吹き付けをする時に、塗料が壁面以外にも飛び散るという飛散のリスクが高い点があげられます。
ですので、住宅が密集している地域や、自動車がすぐ近くに置いてある場合などは、塗料が付着してしまうこともありますので、このような場合は、吹き付け塗装は避けた方がよいでしょう。
また、飛散してしまう塗料がある分塗料が多く必要になります。
おおよそですが、ローラー塗装の20%増しの塗料が必要になります。
posted by ヤモリソウケン at 09:52| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年08月19日

外壁塗装の人気色

8b1375b807d3933ab10b689afe3cc67d_s.jpg新築のときもリフォームのときも、外壁塗装の色は建物全体のイメージを決める大きな要素です。
色選びにお悩みになった方も多いでしょう。
好きな色にするというのもひとつの方法ですが、家は街並みや景色の中に長く建ち続けるものです。
周囲と調和しながらも家の存在を穏やかに主張する色を選ぶというのはなかなか難しいですね。
よく選ばれているのは、ベージュなどのクリーム系の色のようです。
強く主張する色ではないものの、暖かく明るくおしゃれな印象があります。
住宅街でも緑の多い場所でもうまく調和して周囲の雰囲気を壊さない色です。
また、建物単体で見た場合に、膨張色であるため家を大きく見せる効果があり、これも好まれる要因といえるでしょう。
一方、この系統の色は、見本を見ただけでは実際に塗装したときの色味の感覚がつかみにくいといえます。
また、一般に狭い範囲に塗られた色より、広い範囲に塗られた色の方が、同じ色でも明るく見える、面積効果という現象があり、実際に外壁塗装したときに思っていたのとは違うということが起こります。
このような面積効果も考慮して色選びするようにしましょう。
posted by ヤモリソウケン at 11:27| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年08月09日

安すぎる見積もりには注意が必要

estimate.png価格競争に勝つために低価格を打ち出すというのはどこの業者にもあることではありますが、それが行き過ぎれば必ずどこかにしわ寄せが来ることになります。
そのため、安すぎる業者に依頼をしてしまうとクオリティの低い塗装をされてしまったり、追加料金で料金を上げられてしまうといったトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。
このようなことを避けるためには、契約前に外壁の状態と追加料金の有無をしっかり確認して、後で余計な費用がかからないようにしておきましょう。
また、工事が終わった後に塗装に問題が発生するということも考えられますから、調査診断書と仕様書などを提出してもらってあとになって何かあった時に困らないようにしておくことが大切です。
安い業者というのが必ず悪いとは限りませんが、相場といったものには理由があってその金額になっているので、それよりも極端に安いということはどこかでその分大事なところが削られているという可能性が高くなっています。
できるだけ安く済ませたいというのは、誰しも同じですが安すぎる見積もりには注意をしましょう。
posted by ヤモリソウケン at 10:13| Comment(0) | 塗り替え豆知識