2019年09月27日

高機能性・フッ素塗料

nurikae_time.jpg外壁塗装の塗料の種類はかつては2種類程度しかありませんでした。
しかもその塗料もあまり質が良いものとは言えず、10年も経過しないうちに再び塗装をしなければならなかったほど弱いものでした。
唯一のメリットは価格が安いということだけでした。
時代は変わり、近年の外壁塗装の塗料の種類は目を見張るものがあります。
中でも注目されているのが高機能性塗料というものです。
名前の通り機能性が高く質が高い塗料のことを指します。
その中の一つにフッ素系塗料があります。
フッ素という名前は歯のコーティングで聞いたことがある人もいるかもしれませんが、歯のコーティングに使うようなフッ素を住宅の外壁に使ってしまうのですから質が高いに決まっています。
フッ素系塗料のメリットはその耐久性です。
現在、よく使われている塗料の耐久年数は13年前後ですが、フッ素系塗料の耐久年数は20年になります。
従来の塗料よりも2倍近く長持ちするということです。
ただし、その分価格が高いのが特徴です。
ですので、一般的な住宅の外壁塗装に使うことは少なく、ビルやマンションの塗装に使うことが多いのです。
posted by ヤモリソウケン at 09:54| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: