2019年07月31日

外壁が劣化しやすい環境とは

3d88d385a011c68dba71941b3b294dc1_s.jpg外壁塗装の施工の際に使用するのが同じ塗料でも立地条件によって耐久年数は変わるのですが、劣化を早めてしまう原因がいくつかあります。
まず降水量が多い場合です。
例えば山沿いですと雨が降り易いとされていますが、雨に打たれる時間が長いほど外壁へのダメージも大きくなります。
ですから降水量が少ないところと比較すると寿命が短くなってしまう傾向があるのです。

紫外線が強いエリアも外壁が傷み易いです。
特に南の方は紫外線が強い傾向がありますので、外壁も傷み易いとされています。
その他にも車の交通量が多いところも該当します。
車がよく通るという事は排気ガスを浴びてしまう時間が長いという事でもありますが、排気ガスは汚れの原因にもなりますので外壁の質を落としてしまう原因にもなり兼ねません。
様々な要因によって外壁へ与えるダメージは違ってきますし、それによって耐久年数も違ってくるのですが、それゆえに外壁塗装をする際には環境に適した施工をしなければいけないのです。
そして良い業者ほどそういった点もきちんと加味しながら施工内容を考えていきます。
posted by ヤモリソウケン at 09:59| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: