2019年07月24日

クラックって何?

gaiheki_hoshu.gifクラックとは、「外壁の表面に見られるひび割れ」のことを言います。
このクラックには大まかに2種類があります。

・下地までダメージがない割れをヘアクラック
・建物の構造的な欠陥によって発生する割れを構造的クラック

どちらのクラックも最初は目立ちませんが、経年劣化により顕著になってきます。
このクラックを放置すると雨水が内部に入り腐食する原因となります。
腐食が進行すると建物の躯体自体をダメにしてしまうことになります。
クラックを放置すると、建物本来の「防水性や耐震性」に影響を与えてしまいます。
特にクラック部分からの雨水が入り込むと、木造住宅であれば内壁木材をダメにする原因となります。
また湿気を帯びた木材は、シロアリの温床となり木材を更に腐食させることとなります。

そしてコンクリートであれば、鉄骨や鉄筋に浸透し、錆がでてしまい、鉄材をダメにして耐震性を低下させる原因となります。
クラックがあっても、防水耐用期間が経過していないからと油断をしていると簡単な修繕では対処できない事態にも発生します。
構造自体がダメになると、不動産資産価値を低下させます。
クラック発見時は、早急に対処する事をお勧めします。
posted by ヤモリソウケン at 09:50| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: