2019年06月21日

雨漏りが起きたときの応急処置!

2b62e6699e9f01a696fc8d7a73b7f809_s.jpg雨漏りをそのままにしておくと、屋根の傷みが早くなったり、カビの温床になる可能性があります。
家庭でできる範囲で、早めの応急処置をしておくことで、家が受けるダメージを小さく済ませることが可能です。
本格的な修理は業者に任せるとしても、その際の修理代が高くつかないよう、できることはしておきたいものです。
雨漏りを見つけた時は、まず雨が落ちる場所に洗面器やバケツなどを置き、床を塗らさないようにします。
室内の二次被害を拡大させないためです。
この時、容器に水がある程度たまると、水しぶきが飛び散りやすくなりますので、新聞紙や雑巾を、雨水を受ける用の容器の周りに敷いてください。
サッシや、窓の雨漏りは、雑巾を敷いて水を吸わせます。
カーテンは短く上へまとめるか、取りはずして濡れないようにします。
雨漏りをする屋根の応急修理をする場合は、ホームセンターなどで販売されているブルーシートが重宝します。
どこが雨漏りしているかを見つけることは難しいので、大きめのブルーシートで広く屋根を覆ってしまいます。
高いところでの作業になりますので、十分に用心をすること、また、二人一組で作業をすることで、事故を未然に防げます。
posted by ヤモリソウケン at 10:17| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: