2019年06月18日

雨どいのメンテナンス方法とは

toi_02.jpg様々な家庭で使用されている雨どいですが、日頃の掃除の際に掃除をする家庭は少ないと思われます。
しかし、雨どいは外気にさらされることが多いものなので、放置していてはいずれ壊れてしまいます。
今回は、そんな雨どいのメンテナンスの方法についてです。
雨どいが故障してしまう原因には、「落ち葉などのゴミが詰まっている」「長年使用したことによる劣化」などが挙げられます。
積雪地域などでは、雪による影響も考えられます。
このような原因のなかから簡単にできる方法としては、落ち葉などのゴミ掃除が簡単です。
ゴミに関しては、集水器・軒樋などのゴミづまりを解消することで解決できます。
まず、集水器は屋根からの雨水が集まる場所であり、雨水と一緒にゴミが溜まってしまうことがあります。
そこで、集水器のゴミを掃除することで、故障の原因を減らすことに繋がります。
また、軒樋は直接雨水を受ける箇所であり、ここにもゴミがたまりやすいので掃除が必要になります。
集水器よりも簡単に掃除することができるので、年に1回の掃除が目安です。
雨どいのメンテナンス方法には様々なものがあります。
自分ではわからない場合には、業者にたずねてみると良いでしょう。
posted by ヤモリソウケン at 09:54| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: