2019年06月12日

縁切り作業ってどんな作業?

roof_engiri.jpg中古住宅をリフォームしたり、家を購入してから年月が経ち、屋根材などが傷んできたり色が落ちてきたりしたため塗装をやり変えた方いると思います。
塗り替えが必要な屋根材はいろいろあり、板金屋根やセメント瓦、カラーベストなど様々な種類があります。
中でも、一枚一枚薄い板を重ねているカラーベストなどの屋根で雨漏りしないように塗装を塗り替え、なぜか雨漏りし始めるという事があります。
塗り替えるまでは雨漏りしていなかったのに、塗り替えたら雨漏りし始めたのであれば、塗料がカラーベストの重なっている隙間を全てふさいでしまった事が原因かも知れません。
塗料によりカラーベストの隙間が埋まったままだと雨水の逃げ道がなくなり、外に流れ出ません。
その雨水は溜まっていくと、逆流し屋根板を流れ、釘穴などから雨漏りし始めるようになります。
この雨漏りを止めるにはタスペーサーをいう道具を使って塗装することでふさがってしまった隙間を、開けていくのが一番早いです。
リフォームする前に雨漏りなどしていないか確認しておくと、いつからし始めたか分かりやすく説明しやすくなります。
posted by ヤモリソウケン at 09:21| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: