2019年03月29日

水性塗料と油性塗料の違い

paint_02.jpg外壁塗装に使う塗料には、アクリル系塗料やウレタン、シリコン、フッ素など素材によって様々な塗料がありますが、それぞれに水性塗料と油性塗料があります。
水性塗料の主成分は水で、油性塗料の主成分はシンナーなどの有機溶剤だという違いがあります。
大手メーカーは水性塗料をよく使いますが、それぞれメリットがあります。
水性塗料は無臭で保管するときにも特別注意を払う必要がありませんが、油性塗料は臭いがきついので、人によっては頭痛や喉痛を引き起こしてしまうことがあるので取り扱いに注意が必要です。
そして水性塗料の方が油性塗料に比べて値段が安いというメリットがあるので費用を削りたいのなら水性塗料ですが、耐久性を求めるのなら油性塗料の方がおすすめです。
油性塗料は耐久性に優れた性質を持っているので、雨水が汚れにも強く、外壁との密着性が良いので長い期間美しさを保つことができます。
耐久性と値段のどちらを取るかによって水性塗料と油性塗料を選ぶといいですが、近年は臭いが少なく管理が簡単な水性塗料の耐久年数も高くなっているので、水性塗料の方が多く使われています。
posted by ヤモリソウケン at 09:48| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: