2019年03月27日

外壁塗装で近隣トラブルになる原因は?

51eb07af9b60537a221599db965f2882_l.jpg外壁塗装というのは施行前に挨拶をしないとトラブルになることが多いものであり、ひと声かけておくのそうでないのとではトラブルのなりやすさが大きく変わってきます。
外壁塗装というのはまずにおいがきついので、そのことでクレームが入るということは少なくありません。
これも事前の説明があれば、納得ができるものですが説明もなしにいきなり塗装が始まるとトラブルの原因となるので挨拶をすることによってトラブルを回避することができます。
両隣の家などには塗料の飛散ということも考えられるので、万が一塗料が飛散してしまった場合であっても事前のひと声かけておくことによって大きなトラブルを未然に防ぐことができます。
外壁塗装をするときには業者の車が邪魔になることもあり、この辺りも事前の説明がないと大事になりやすいだけに、とにかく事前の挨拶というのは重要な事になります。
塗装工事が無事に終わったとしても、近隣住民との間にしこりができてしまえばその後の生活に支障が出てしまうことがあるので、外壁塗装をする前にはしっかりと周辺住人に挨拶をして回るようにしましょう。
posted by ヤモリソウケン at 09:53| Comment(0) | 塗り替え豆知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: