2020年12月25日

遮熱断熱塗装をするメリット

76804a0227f456cbb1caa37e7e6a1d4a_m.jpg日本には四季があり、それぞれの季節特有の空気を楽しめるのは幸せなことです。
しかし、夏の強烈な暑さそして、冬の厳しい寒さには耐えがたいものを感じてなりません。
少しでも外気の影響を少なくするようにせめて家の中では快適な生活を送りたいと願うのはすべての人に共通した思いではないでしょうか。
昨今、話題になっているものに遮熱断熱塗装があります。
この遮熱断熱塗装を家の屋根や外壁に塗ると太陽の光線や熱を跳ね返すという断熱、遮熱の効果を発揮するのです。
つまり、夏は涼しく、冬は暖かくという望ましい形になってきます。
ということは、冷暖房の使用が少なくなり節電にも非常に大きく貢献してくれることになります。
遮熱断熱塗装の秘密は特殊セラミックにあります。
セラミックには多くの種類がありますがその中で断熱性能に特化したセラミックをメインにしてアクリルシリコン樹脂とのハイブリット化を図り塗料化に成功したものです。
遮熱断熱塗装は夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる環境作りに貢献しています。
posted by ヤモリソウケン at 10:04| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2020年12月24日

みんなが知らないペンキの種類

1f9fb4d5ee757dfdf0db4b8811591ab6_s.jpg
外壁用のペンキには、アクリル塗料とウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の4種類に分類されますが、
各ペンキに対して光触媒やセラミック、
鉛の化合物などを加えて付加価値を加えた物もあります。
アクリル塗料は、合成樹脂を主成分とする透明の塗料であり、軽くて強く低価格為に重ね塗りが出来るメリットでしょう。
ウレタン塗料は、プラスチックや鉄板、トタンなどの密着性能に優れている事から外部鉄部塗装などに使用されています。
シリコン塗装には、数百種類のシリコン塗料が市販されており、塗装業者の使うシリコン塗料により大きく見積もりが異なりますが、一般のお客様はシリコン塗料の性能や特徴を知らないので、
見積もりの金額だけで業者を決めてしまい失敗するケースが1番多い塗料です。
シリコン含有率が、高い塗料を使用している業者を選択する事をお勧めします。
フッ素塗料は、市販化された当時は高価な為にあまり一般住宅に使用されるケースは少なかったのですが、 現在では数多くの一般住宅に使用しているのです。
フッ素塗料は、シリコン塗料同様にフッ素樹脂の含有率の多い塗料の方が高耐性があります。
posted by ヤモリソウケン at 09:35| Comment(0) | 塗り替えキャンペーン

2020年12月23日

雨漏りの原因とは

2b62e6699e9f01a696fc8d7a73b7f809_s.jpg最近の天候は、”想定外”や”何年に一度”という枕詞がつく豪雨や猛暑も少なくありません。
そうでなくても、日本は世界に誇る四季の環境変化があるので常に屋内の家族を守る、建物の負担は小さくありません。
雨漏りが起きてしまった場合、考えられる原因はいくつかあります。
新築時の施工不良による雨漏り、屋根や外壁の塗装、コーキングによる雨漏り、雨どいのつまりによる雨漏りといったものが主要なもので、新築時の施工不良以外でも落下物や自然のダメージによる場合もあります。
雨どいのつまりの場合は掃除をするだけで解消する場合もありますが、雨漏りのこわさは目に見えるところだけではない可能性があることです。
建物内部に水が浸入して、柱など、建物本体にダメージが進むことを防ぐため、早急に修理をしましょう。
雨漏りの修理は、雨が降っていると施工が困難ですが原因を解明するには実際の雨漏りを確認する必要があります。
自己判断で水の出口だけ止めると建物の中でダメージが見えなくなる恐れがあるので原因を確認すると安心です。
posted by ヤモリソウケン at 09:40| Comment(0) | 塗り替え豆知識