2020年01月22日

外壁塗装業界には悪徳業者が多いと良く言われる理由

house_02.bmp外壁塗装の工事は、手抜き工事をされやすい工事と言われています。
その理由は一般の素人には手抜きをしても簡単には見抜くことができないからです。
手抜き工事をしても工事直後に直ぐ手抜きに気づくことが難しいので、気づいた時には保証の期間が過ぎてしまっていたり、最悪の場合業者がなくなっていることもあります。
また塗装の専門性等もあって外壁塗装の工事費に定価がないため、適正な価格がわからず業者の言いなりの工事費を払ってしまうことが多いのです。
外壁塗装は見た目だけでなく、住宅の寿命を延ばすためにとても重要で、数年に1度は必ず行うことが大切なのです。
手抜き工事では逆に住宅を傷めることにもなりかねません。
必ず信頼できる業者を選び、納得のいくまでの説明をうけてから契約しましょう。
突然家を訪問する業者もありますが、こういった訪問販売の業者のほとんどが悪徳業者といわれていますので、契約しないように注意したいものです。
posted by ヤモリソウケン at 10:10| Comment(0) | 塗り替え豆知識