2019年10月18日

潮風の強い地域は特に屋根や鉄部が早く傷みます。

wall.jpg家は大切な財産。手を入れずに放っておくと、外壁の塗膜劣化から始まり、雨漏りや外壁損傷などに至ります。とくに海に近い沿岸部などは潮風などの塩害を気にしなくてはなりませんので、お住まいの塗り替えは早めに行うことが大切。このままでは家の寿命も短かくなり、財産の価値も下がってしまいます。
塗り替えは住まいの傷んだ部分を補修し大切な財産を守るだけでなく、美しい生活環境も与えてくれます。個性豊かなあなたのマイホームの寿命を保つため、お住まいの塗り替えをご検討されてはいかがでしょうか。
posted by ヤモリソウケン at 10:23| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年10月17日

「外壁劣化=即塗り直し」ではありません

d7675b23c5e5ff4ce8b8041af48b96fe_s.jpg住宅の外壁は太陽の熱や紫外線を受ける事で、どんなに優れた材料を使っても自然の猛威に太刀打ちする事は難しく、日々劣化を引き起こすことになります。
劣化した部分には、ひび割れた部分が出来てしまう事も有れば、雨が外壁に降り注いだ時に弾き飛ばす能力が低下しているため、浸み込み易くなります。
そのため、外壁塗装と言うリフォームを定期的に行う事で外壁の耐久性を新築の時と同じような状態にし、更に見栄えを良くしてくれる住宅のリフォームの一つです。
外壁塗装と言うと、即塗り直しを行えば耐久性が戻ると言ったイメージが在りますが、劣化した部分に塗料を使って重ね塗りをしても、その時は塗料の膜が作り出されているので雨を弾き飛ばしてくれますが、時間の経過と伴に塗膜が剥がれてしまう事も有ります。
そのため、塗装を行う時には最初に汚れを綺麗に落としてあげる事、劣化が生じている部分についてはきちんとメンテナンスを施してあげる事が大切です。
尚、重ね塗りをする理由は塗膜を作り出す為で、1回目の塗装は下地と2回目の塗装の接着剤の役割が在り、下地調整をきちんと行う事で接着効果を高められると言ったメリットに繋がります。
posted by ヤモリソウケン at 09:55| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年10月16日

トタン屋根の特徴

63213f93537633d9b0ed94b700deb4a8_s.jpgトタンとは鋼板に亜鉛をメッキしたものです。
建物の屋根や壁に多く用いられています。
なぜ亜鉛をメッキするかというと、鋼板だけだとすぐ錆びてしまい使い物にならなくなるから、ということは簡単に分かりますが、では亜鉛をメッキすると錆びないのでしょうか。
そんなことはありません。
亜鉛も錆びます。
というか、イオン化傾向からすると、鉄より亜鉛のほうが酸化されやすく、つまり錆びやすいはずです。
それがなぜ亜鉛メッキなのかというと、錆そのものの性質が異なるからです。
鉄の錆は、一旦生じると金属内部へと進んでいきます。
しまいにはボロボロになってしまいます。
一方で、亜鉛の錆は、金属表面に沿って広がり、金属内部が錆びることから逆に守ってくれるようになるのです。
トタンとは、亜鉛のこの性質をうまく利用しているわけです。
とはいえ、トタンの上からさらに塗料を塗ることで腐食から守るようにすることが普通です。
トタンは最初は銀白色をしていますが、すぐに錆びが広がり赤茶色になってくることから、太陽光による熱を吸収しやすいです。
そのため遮熱性のある塗料を塗ることも多いです。
posted by ヤモリソウケン at 09:48| Comment(0) | 塗り替え豆知識