2019年09月19日

屋根の寿命

0e26990ffe3098b08accb7b1cda1b1bf_s.jpg雨漏りなどのトラブルがしばしば発生する屋根ですが、その寿命は非常に短いといえます。
日本は四方を海に囲まれ、山脈が多数存在し、四季の変化もあります。
多様な気候は農作物の美味しさや風景の美しさを生み出す一方、住宅に大きなダメージを与えます。
建物は地震と湿気に弱いといわれています。
建物の上部を守る役割を持つ屋根は、外からの刺激を絶えず受け続けているのです。
梅雨の時期には雨や湿気が襲い、冬の時期は雪の重みが材質を傷めます。
他にも台風や突風などの自然災害が頻繁に起きており、その数は地球温暖化によって年々増加しています。
今後もこのような傾向が続けば、日本の屋根の寿命は今よりも短くなるでしょう。
寿命がきている屋根は塗装が剥げ、雨漏りをするようになります。
雨漏りを放っておくと室内の湿度が上昇し、カビなどの原因になるので、気付いたら早めに対策するようにしましょう。
住んでいる環境や築年数にもよりますが、屋根の塗装は大体10年おきに行うと良いとされています。
材質によっては推奨される塗装間隔が10年より短い場合もあるので、目視による確認を行うなどして普段から意識しておく必要があります。
posted by ヤモリソウケン at 09:59| Comment(0) | 塗り替え豆知識