2019年09月11日

塗装に適した時期

house_02.bmp住宅を購入したり建築したりすると何かとお金がかかります。
賃貸から引っ越してきた場合にはなかなか気が付きにくいですが、建物のメンテナンスが意外と大変なのです。
建物のメンテナンスで重要なのは外壁塗装です。
外壁塗装は10年から15年に1度ぐらいの間隔で行う必要がありますが、これを怠ると建物の寿命が短くなってしまいます。
では、外壁塗装をする場合にはどのような時期に行ったらいいでしょうか。
外壁塗装をする時期は基本的には1年中可能になりますが、気温や気候によってはあまり適さない時もあります。
気温でいうと5度から30度ぐらいの間までであれば塗料を塗るのに適していると言えます。
逆にそれ以下の温度だと塗料が伸びずに塗りにくいという問題点があります。
30度以上ある場合には塗料がやわらかくなりすぎるため薄くしか塗ることができず、不都合なのです。
湿度に関しては85パーセント以上になると湿気で塗料が塗りにくくなってしまうという問題があります。
ですので、梅雨の日や秋の長雨の日はあまり塗装には向いていないと考えていいでしょう。
posted by ヤモリソウケン at 10:02| Comment(0) | 塗り替え豆知識