2019年09月04日

塗膜浮きの原因

WallTrouble_1.jpg外壁や屋上の塗装をした後の乾燥直後や数年経った頃に、塗膜が浮くように膨らんでいることがあります。
この原因は様々な問題によって引き起こされ、1つだけが要因となっているわけではありません。
最も多いのはシーラーやプライマーなどの下地の塗り不足による問題で、下塗りがないと上から塗る塗料が十分に接着できずに剥がれやすくなります。
塗装の基本は下塗りを1回、上塗りを2回となりますが、下塗りを全くせずに上塗りだけをする手抜き業者もいるので注意しましょう。
塗装をする際は高圧洗浄機などを使用して、汚れを落とした後に塗料を塗ることになりますが、ホコリなどのゴミを十分に落とさず上から塗ってしまうと、間にゴミを挟んだ状態となって剥がれやすくなります。
また、洗浄後の壁や屋上などを十分に乾燥させず、水分を含んだままで塗装すると、熱によって暖められた水分が水蒸気となって塗膜に閉じ込められる形となり、塗膜部分が膨らむよう浮き上がります。
特に夏場は湿気が多く水蒸気が発生しやすいので、しっかりと乾燥させてから塗料を塗らなくてはいけません。
posted by ヤモリソウケン at 13:15| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年09月03日

外壁の汚れの正体

house_01.jpg一戸建て住宅の外壁の汚れは気が付くと結構ひどくなっていることがあります。
24時間365日ずっと外の雨風に晒されているのだから仕方ありません。
もし、どうしても汚れがひどい場合には外壁業者に連絡をとって一度外壁をきれいにしてもらうか、あるいはすでに外壁塗装を終えてから10年以上が経過している場合には塗り直しをしてもいいかもしれません。
塗り直しをするには100万円近くのお金がかかりますが、何もせずにそのまま放置しておいて住宅の寿命を縮めるよりはましではないでしょうか。
ところで、外壁の汚れの原因とはいったい何でしょうか。
よくある汚れの一つは微生物汚染です。
微生物汚染とはカビや藻が付着してる状態です。
カビ・藻がある状態で放置すると住宅の寿命が短くなってしまいます。
カビ・藻は太陽の当たる南側にはあまり生えず、太陽が当たりにくい北側の壁についていることが多いのです。
それ以外の汚れの原因は、水分などです。
外壁が劣化して塗料の保護機能が薄れているか壁が水を吸う状態になるとチョーキング現象やクラックが起こりやすくなり、住宅にダメージが発生してしまうのです。
posted by ヤモリソウケン at 09:55| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年09月02日

外壁にひびを見つけたら

gaiheki_hoshu.gif住宅の寿命はその部分部分によって異なります。
何年経過したからといって住宅がゴゴゴと崩れ去るわけではなく、倍壁なら外壁、内装なら内装でその寿命が異なるのです。
ですが、住宅の中でも建物の寿命に強く影響する部分とそうでない部分があるのは確かです。
建物の寿命に強く影響すると言われているのが外壁です。
外壁にはその塗料によって寿命は変わってきますが、短いものだと8年程度で塗り替えをしなければならず、長いものだと20年以上は外壁塗装をする必要が無くなります。
修理や塗り替えをしなければならない理由の一つにクラックがあります。
クラックはヒビという意味ですが、小さなものはフィラーで直すことができます。
クラックや防水性の劣化については放置すると耐久性を著しく低下させますので早めに補修をすることが大事になります。
補修箇所は普段生活をしている時でも時折住宅の周りの外壁を見回すだけでわかることがあります。
また、実際に外壁を指で触って見てチョークのように白い粉が付いたとしたらその外壁は劣化をしているという合図ですのですぐに補修が必要になります。
posted by ヤモリソウケン at 10:38| Comment(0) | 塗り替え豆知識