2019年07月04日

家の塗装が行われるようになった歴史

japanese_house.jpg今や住宅の外壁塗装は当たり前の時代ですが、実際にその歴史はどれくらいあるのかご存知でしょうか?
日本の昔の家の壁というのは土壁が多く、それは暖かく湿気の多い日本特有の気候であることから、土壁が最も適していたためだと言われていて、そのために壁を塗装するという行為は行われていませんでしたが、土壁は雨に当たると崩れるという弱点があったもの、日本人独自の気候を考え、またその知恵により、その当時の家は100年経っても変わらず住めるという理想的な家屋でした。
塗装をするようになったのは、江戸時代が終わり西洋文化が徐々に日本にも知られるようになってきた明治初期に、西洋建築が普及してからであり、維新後に従来の日本家屋の建物から西洋化するとともにその技術も伝来していったとされます。
このことから、歴史は意外と浅いものであることがわかるでしょう。
塗装の概念が一般的になってくると、国内でも様々な材料を使用して行われるようになり、技術の進歩により合成樹脂が開発されるとさらに進み、日本の気候にあった塗装材料が開発されるなどして現代のように常識になっていったと言われています。
posted by ヤモリソウケン at 10:06| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年07月03日

塗るだけ!夏は涼しく、冬暖かに。遮熱断熱塗装はガイナ

gaina_pop10.jpgガイナを住宅の屋根・外壁、内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。
さらに、太陽光線や照明の光を受けたセラミックがイオン作用をもたらし室内の空気質を改善。
マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地良い状態をもたらします。ガイナが他の塗料と一線を画すのは特殊セラミックの効果によるものです。
セラミックでも断熱性能に特化したセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのがガイナなのです。
posted by ヤモリソウケン at 09:48| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年07月02日

排熱塗料をご存知ですか?

adgreencoat_pop.jpg夏や冬はどうしてもエアコンをつける機会が増え、電気代がかさむだけではなく、都市部でのヒートアイランド現象の原因となる排気も気になる、という方も少なくないのではないでしょうか。
アドグリーンコートという遮熱塗料の特徴は「冷めやすい」ということです。
つまり夏場の不快な暑さをためにくい加工を施すことによって、エアコンの使用は勿論ですが、建物から反射される熱をも軽減することができるハイテク機器の熱対策に使用されている世界最高峰のファインセラミックスを使用した塗料であるアドグリーンコートは節電効果を期待できるだけではなく、環境のことも充分に考えられた画期的な塗料と申すことができましょう。
その証として、エコマークを取得していますので、効果ばかりをうたいながらも実際はさほどの効果が感じられない、ということもありがちな他の遮熱塗料にはない安心感が得られますし、効果を実感していただけるのではないでしょうか。
住宅やオフィスなどで快適な温度を保つ、ということはなかなか難しいことかもしれませんが、アドグリーンコートならば、それが実現できると言っても過言ではないでしょう。
posted by ヤモリソウケン at 10:06| Comment(0) | 塗り替え豆知識