2019年06月27日

外壁塗装で業者とトラブルになりやすいこと

4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_s.jpg新築時やリフォームなどの際の外壁塗装では、まず見積もりを取ることをする方は多いでしょうが、実はこの見積もりが業者とのトラブルとなりやすい一因とも言えます。
というのは、見積もりを取っても合計額などばかり見て判断する、という方が決して少なくないからです。
見積もりは多くの場合細かな行程の設定がなされていて、それを一つ一つ目を通して精査する、ということをせずに単に合計額のみで判断してしまうと、後で各行程の設定それぞれに工賃などが足されることもあるからです。
これはあくまでも見積もり書を見落とした側の責任だと言えますが、しかし、業者によっては最初から一見安く塗装できることを装って、実際は他の業者より割高な請求を目論む悪質な場合もあります。
こうした業者の場合には最初に設定した塗装剤より粗悪なものを使用して利益を出すこともありますし、しっかりとした下地処理などもしないことがあって、後々かえって修理費用などがかさむことにも繋がります。
見積もりに関して一つ一つしっかりとした説明がなされ、顧客第一にしっかりとした施工をする業者に任せることが、そうしたトラブルを避ける一番の良策と言えましょう。
posted by ヤモリソウケン at 09:57| Comment(0) | 塗り替え豆知識