2019年06月06日

外壁塗装は誰に依頼したらいいの?

6e943b905449dc05e41d2c448de75d3b_m.jpg外壁塗装は誰に依頼したらいいのでしょう。
一番安心な方法は、家を建てたときに塗装してもらった業者に頼む方法です。
一度お願いしたことのある塗装業者なら、仕事ぶりもわかり安心でしょう。
その他には自分で塗装業者を探して塗装を依頼する方法もあります。
知り合いに塗装業者がいればそれにこしたことはありませんが、そうでなければネット検索をしてみると良いでしょう。
値段だけでなく口コミ等もチェックしておくと安心です。
最後に訪問販売に来た時に頼む方法もあります。
外壁塗装が古くなってくると、それを見つけた塗装業者が訪問販売に来るケースもあります。
しかし、こういった訪問販売の場合、だまされる危険も少なからずあります。
必要のない作業を入れたり、相場よりもかなり高い金額を請求されることもあるようです。
いずれの場合においても即決するのではなく、相見積をとって複数の業者を検討することが望ましいです。
そして一番安心できるのは、家を建てたときに塗装してもらった業者です。
法外な値段を吹っかけてくるようなこともないでしょう。
とりあえずは見積もりをもらうことが第一です。
posted by ヤモリソウケン at 09:49| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年06月05日

DIYで外壁塗装した時の余りの塗料の廃棄方法

3723c19d7ea900112a5deb49d83546d4_s.jpg
自分好みのインテリアにしようとDIYをする人が増えています。
自分のお手製のものを完成させて満足しているのはいいのですが、後片付けについては注意をしなくてはならないことがあります。
それは余った塗料の処分の仕方です。
とくにハケについているペンキの処分をどうしようか迷った人も多いことでしょう。
処分の仕方ですがはけや缶を洗う時は、水性はそのままながしても大丈夫ですが問題は油性のペンキです。
油性の場合はそのまま流さず、うすめたものを布に吸い込ませ、乾かしてから一般ごみとして出すのがいいでしょう。
間違っても原液で流してしまってはいけません。
配水管を傷めたり、水質に悪影響を与えることになるからです。
ペンキによって川が汚染させることも考えられるので、本当は水生も油性も布に吸い込ませたり、紙に塗り乾かしてから一般ごみとして処分したほうがいいのです。
そしてDIYをやるときには、なるべく使い切る分の量を計算してやっていくことが一番エコになるといえるのです。
楽しむ分、材料の使い切りも考えるとより楽しくなるでしょう。
posted by ヤモリソウケン at 13:20| Comment(0) | 塗り替えキャンペーン

2019年06月04日

ラジカル塗料の特徴とは

perfecttop.png家の外壁塗装で選ばれる代表的な塗料はシリコン塗料、フッ素塗料がメインでした。
フッ素塗料は、紫外線などの影響を受けにくい性質と15年以上の耐用年数を持ち合わせた最高級塗料です。
それゆえに価格が非常に高く手に入れにくい欠点があります。
もう一つシリコン塗料がありますが、シリコンを含有させて撥水性や紫外線にも強く耐候性をもたせています。
フッ素塗料の次に性能が良く非常に人気のある商品でした。
機能面では充実していますが、シリコンの特徴でもある柔軟性が約10年で失われてしまう欠点があります。
性能はフッ素に近く、費用はフッ素より安価な塗料が登場しました。
ラジカル塗料という商品で聞きなれないと思います。
このラジカル塗料は2015年に登場しどんな外壁の素材にも対応し、紫外線、酸素、水による耐久性はもちろん耐用年数は15年程度とフッ素塗料に近い性能をもっています。
シリコン塗料の性能を網羅し欠点であった耐用年数を大幅にカバーできるようになりました。
今まで人気だったシリコン塗料に変わってこれからはラジカル塗料が主流になっていくでしょう。
posted by ヤモリソウケン at 10:11| Comment(0) | 塗り替え豆知識