2019年05月29日

外壁塗装をDIYでするデメリットとは

1f9fb4d5ee757dfdf0db4b8811591ab6_s.jpg外壁塗装をDIYするのは費用を安く抑えることができるなどのメリットがありますが、デメリットもあるのでよく理解をしておくことが大切です。
まず、仕上がりが職人ほど綺麗にならないという欠点があります。
塗装の経験などがあるという場合では別ですが、素人がいきなり綺麗に外壁を塗ろうとしても綺麗に出来ないので、どうしても仕上がりの面で職人に任せるよりも劣ってしまうのがDIYのデメリットとなります。
次に時間がとてもかかることもデメリットのひとつであり、基本的に一人あるいは協力してくれる人がいるにしても二人か三人での作業となってしまうので、家全体を塗り直すとなると何ヶ月もかかってしまうおそれがあります。
そして、最も大きなデメリットとしては高所での作業は転倒の危険を伴い、大怪我や時には命の危険にされされてしまうという問題があることです。
すべての場所が手の届く範囲での作業であれば、このような事故は起こりえませんが実際にはどうしても高所での作業が必要となってくるので、危険な作業をしなければならないというリスクが有るのもDIYのデメリットとなっています。
posted by ヤモリソウケン at 11:05| Comment(0) | 塗り替え豆知識