2019年03月26日

節電するなら屋根の色選びも重要です!

c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_s.jpg外壁や屋根塗装に使う塗料はカラーバリエーションが豊富で、熱を吸収しやすい色と反射しやすい色があります。
熱を吸収しやすい色は濃い色で、反射率が低いため黒っぽい色ほど暑くなる傾向があります。
一方、白っぽい色は熱を反射しやすく、一番反射率が高い白であれば反射率が90%以上であるため、ほとんどの熱を反射することができます。
屋根に熱が集まるとそれだけ表面が暑くなるので室内温度にも影響してきます。
紫外線が集まれば集まるほど劣化が進んでしまうので、紫外線が直接あたる屋根部分の塗装をするときは、できるだけ反射率が高い色の塗料を選ぶことをおすすめします。
また、色だけでなく、近年は塗料に遮熱効果がある塗料があります。
太陽からの熱を遮断する効果があり、屋根の温度上昇を抑えるという効果があります。

屋根の温度が上がりすぎないように抑えることができれば、室内に入り込む熱を防ぐことができ、室内は快適に過ごすことができます。
特に夏などは遮熱塗料を使った住宅であれば温度が上がらずに済むので、エアコンの温度を下げずに済むので電気代の節約にもなります。
posted by ヤモリソウケン at 10:38| Comment(0) | 塗り替え豆知識