2019年03月11日

みんなが知らないペンキの種類

nurikae_time.jpg外壁用のペンキには、アクリル塗料とウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の4種類に分類されますが、各ペンキに対して光触媒やセラミック、鉛の化合物などを加えて付加価値を加えた物もあります。
アクリル塗料は、合成樹脂を主成分とする透明の塗料であり、軽くて強く低価格為に重ね塗りが出来るメリットでしょう。
ウレタン塗料は、プラスチックや鉄板、トタンなどの密着性能に優れている事から外部鉄部塗装などに使用されています。
シリコン塗装には、数百種類のシリコン塗料が市販されており、塗装業者の使うシリコン塗料により大きく見積もりが異なりますが、一般のお客様はシリコン塗料の性能や特徴を知らないので、見積もりの金額だけで業者を決めてしまい失敗するケースが1番多い塗料です。
シリコン含有率が、高い塗料を使用している業者を選択する事をお勧めします。
フッ素塗料は、市販化された当時は高価な為にあまり一般住宅に使用されるケースは少なかったのですが、 現在では数多くの一般住宅に使用しているのです。
フッ素塗料は、シリコン塗料同様にフッ素樹脂の含有率の多い塗料の方が高耐性があります。
posted by ヤモリソウケン at 11:44| Comment(0) | 塗り替え豆知識