2019年03月20日

アフターサービスの重要性

flow_7.png外壁塗装のアフターフォローはとても大切です。
塗装業者の中にはコストを抑えるために品質の良くない塗料を使用したり、本来必要な作業工程を行わないところもあるようです。
私たちのお客さまの中にも過去に外壁塗装で失敗された方も残念ながらいらっしゃいます。
外壁塗装の品質は塗装が完了してすぐにはわかりにくく、外壁塗装の欠点が分かるのは塗り終わってから数年経過してからになります。
そういう意味でもアフターサービスがない業者は手抜き工事をしている可能性がありますので、塗装工事をするときは必ずアフターサービスに力を入れている業者を選びましょう。
アフターサービスをしっかり行っている業者はそれだけ自社の外壁塗装の品質(塗料の質、塗装技術など)に自信ある業者ということもできます。
アフターサービスの有無は見積書などに記載されている保証内容を確認することでも明確になると思います。
塗料によって保証年数が異なりますが、サービスについての疑問点があるときは遠慮なく担当者に質問することも大切です。
外壁塗装で失敗しないためにもアフターサービスは重要です。
posted by ヤモリソウケン at 11:15| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年03月19日

屋根の塗り替え時期の目安

c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_s.jpg塗替えの時期というのは環境であったり、屋根の素材によって異なるものですがスレート屋根は大体10年が目安となります。
期間はあくまでも目安であり、環境が悪ければこれよりも早くなることがありますし逆に塗装に優しい環境の場合には、もう少し塗装の時期を遅らせることもできます。
期間以外の目安としてはチョーキング現象が見られたら塗り替えのサインとなっていて、チョーキング現象というのは屋根の塗装面を触った時に、手にチョークのような白い粉が付着する現象のことを指すので定期的に屋根の塗装面を触ってみて劣化の度合いをチェックしてみると良いでしょう。
劣化がひどい場合は葺き替えとなってしまうことがあるので、できるだけ早めのサイクルで塗替えをしておくとそのようなことになることが少なくなり、長い目で見た場合に費用の節約につながるので、劣化のサインが見受けられたら程度が悪くなる前に塗り替えるようにしましょう。
屋根というのは建物の中でも特に、様々な影響が大きい場所であるため塗り替えなどの定期的なメンテナンスは欠かすことが出来ない部分となっています。
posted by ヤモリソウケン at 10:02| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年03月18日

【外壁色彩提案】カラーシミュレーション!

colorsimulation_PR.jpg
過去の塗替え経験での失敗やこんなことで悩んでませんか?
ペンキの色選びは色彩提案システムで解決。塗装前に建物のカラーイメージを作成し、建物の全体的な色彩を塗装工事前に確認する事ができるので失敗はしません。お客様のご要望により近い対応ができ安心してご依頼いただき、皆様には高い評価をいただいております。お客様のご要望をお伺いし、ご希望色、お住まいの外観の雰囲気、周辺のご近所様や町並みにも合ったイメージをその場で作成ご覧になることもできます。お住まいの塗装工事の計画、今度は「色に失敗しない!」塗り替え計画中は是非、当店へ是非、一度お気軽にご相談ください。
posted by ヤモリソウケン at 12:14| Comment(0) | 塗り替えキャンペーン