2019年02月28日

雨に含まれる成分って?

4139c34ec9518bd796212f2d4f8a99c2_m.jpg住宅って、雨や風、太陽などから外壁塗装で守られていますよね。
でも、この外壁塗装ってずっと劣化しない訳ではないんです。
酸性雨という言葉をご存じですか?
二酸化硫黄や窒素酸化物などの酸性の物質が溶け込むことにより、それらの成分を含む酸性の雨が降ることです。
原因としては化石燃料の燃焼や火山活動があるのですが、この酸性雨は何と塗装の成分を劣化させてしまいます。
このことから、外壁塗装というのは一回施したら大丈夫という訳ではなく、塗り直したりメンテナンスをしなければいけません。
塗料が劣化すれば、家の耐久性や防湿性などに影響して、家の寿命にも関わってきてしまいます。
塗料の種類にも色々あり、酸性雨などに耐久性のあるものもあるそうです。
そういうものを使えば、塗り替えるスパンは従来のものより長くなるでしょう。
小まめに外壁塗装を塗り替えるか、そういう耐久性のある塗料を使うか、どちらにせよ住宅の寿命を出来るだけ長くしたければ、
外壁塗装は重要なポイントの一つとなってきそうです。
posted by ヤモリソウケン at 09:58| Comment(0) | 塗り替え豆知識