2019年02月19日

屋根防水、少しでも長持ちさせるには?

bousui_02.jpg屋根防水は、建物を雨や紫外線などから守る役目を果たしています。
防水機能がきちんと保たれていないと、建物の寿命を縮めてしまうことになるので定期的なメンテナンスが重要になります。
屋根防水には様々な工法がありますが、一般的な寿命は10年から15年といわれています。
この屋根防水を長持ちさせるには定期的に屋根の点検を行い、変色や亀裂が生じていないかどうかといったチェックをすることが大切です。
人気がある防水方法の一つに、ウレタン塗膜防水と矢ばれるものがあります。
改修工事の際などで施工件数が増えていて、シート防水に比べ複雑な形状でも施工可能なことから最もよく使われる工法といえます。
防水面に継ぎ目がないので、ムラなく防水層を形成することが可能です。
防水層を保護するトップコートを再塗装することで、長期にわたって紫外線等による建物の劣化を防ぐことができます。
耐久年数としては、15年程度の防水性能の保持することが可能です。
posted by ヤモリソウケン at 09:50| Comment(0) | 塗り替え豆知識