2019年05月21日

ツヤなし塗料のメリットとデメリット

3723c19d7ea900112a5deb49d83546d4_s.jpg外壁塗装で使われる塗料の中にツヤなしというものがあります。
まず、ツヤなし塗料のメリットは色が自然で落ち着いた雰囲気になり、上品で控えめな外壁の感じになり和風建築などに合うということです。
最近では、洋風でオシャレな戸建住宅に使用することが多くなってきていますので和風、洋風どちらにも合うと言えます。
また、塗ってから月日が経っても色が変化してもあまり違いがわからないなどがあります。
好みにもよりますが落ち着いた感じがいいと思うひとはこちらを選択したほうがいいとおもいます。
また、デメリットは、あまりにも自然なため塗り替えた感じがしなく汚れがつくと、目立ちやすいなどがあります。
また耐久性も低く、色の種類も少なめということがあります。
塗装技術が低いとムラがはっきりとわかってしまうため実績があり、技術力のある塗装業者に依頼することをおすすめします。
ツヤなし塗料の他にもツヤあり塗料もありますので気に入ったものを使用したほうがいいです。
これらのメリット、デメリットを踏まえ、ツヤなし塗料を使用するかどうか決めたほうがいいと思います。
posted by ヤモリソウケン at 09:59| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年05月20日

ツヤあり塗料のメリットとデメリット

paint_02.jpg塗料を塗る時のツヤありとツヤなしのメリットとデメリットですが、どういった部分にあるのでしょうか。
まずはツヤあり塗料のメリットですが、耐候性や耐久性に優れますので劣化しづらく、長く使用し続けることが可能となります。
ツヤありというぐらいですので見た目がツヤツヤとして光沢感があり、非常に美しく見えます。
逆にデメリットの方になりますが、先ほど劣化し辛いと言いましたけど劣化していく過程でツヤが無くなっていきます。
そうすることによりメリットである光沢感が失われていきますので、耐候性や耐久性が残っていても見た目の変化があるのです。
一方のツヤなしの場合は元々ツヤがありませんから経年劣化による見た目の変化はなく、そのままの素材を活かした仕上がりになります。
その代わりに耐候性が低いですので汚れやすく、塗料そのものの劣化が早いですから見た目も変化します。
ですからツヤありと真逆と考えて良いでしょう。
この二つの塗料は相反するものとなっていますので、それぞれのメリットとデメリットを考えて、どういった塗装にするか決めたら良いでしょう。
posted by ヤモリソウケン at 11:00| Comment(0) | 塗り替え豆知識

2019年05月17日

業者選びは資格をチェック

3d88d385a011c68dba71941b3b294dc1_s.jpg実は、住宅の工事に関する様々な内容に関しては、資格がなくても工事は可能と言う物も珍しくありません。
勿論、経験と言うのもとても重要ですが、ぱっと見るだけでその人に高い技術が有るかどうかという事は分かりません。
では、業者選びをする時はどういう点について注意すると良いのでしょうか。
その一つが資格の有無です。
実際に資格と言うのはその人の技術を証明するものとなっています。
中には実技や経験などがないと取得できない物も少なくありません。
そういうのを持っている人は、一定以上のレベルの技術を既に持っているという証明にもなるので、安心して工事を依頼する事もできます。
ただ、一級塗装技能士などの資格を持っているという話を聞いただけでは少々不安が残ります。
安心して依頼する為には、本当にその資格を持っているかという事を書面で確認する方が無難です。
実際に話に聞くだけでなく自分の目で書類を見て確認する事になるので、本当にその人には資格があるという事が分かるからです。
従って、業者選びをする時は資格の有無を必ずチェックしましょう。
posted by ヤモリソウケン at 14:24| Comment(0) | 塗り替え豆知識